第6代−1999年度に幹部であり2000年3月に引退した人達−

グラフは、各項目についての部内での相対値を、筆者の独断と偏見に基づいて10段階で評価してみました

<グラフの項目の解説>
  道着サイズとは、すなわち着ている道着サイズの数字の2倍値です
  腕力は文字通りです
  関節柔軟性とは、すなわち関節技が効かない度合いです
  コンパ危険度とは、すなわちコンパのとき離れて座るべき度合いのことです
  濃さとは、その人の持つあくの強さやインパクトのことです
  マゾ度とは、その人の持つマゾヒシズムの量です










R.Inoue ♀ 怨念を背負う女  (副将)


 淡路島と日本昔話をこよなく愛し、年齢に似つかわしくない分別と、やや年寄りくさい価値観を持つ彼女の合気道人生は、やはりはじめから呪われていたのかもしれない。これでもかこれでもかと、(多くは信じられないような理由で)怪我を繰り返し負いつづけている彼女が、合気道を続けていること自体奇跡である。これは、合気道に対する情熱を通り越した怨念が彼女を突き動かしているからに違いない。そしてこの怨念は、彼女の怪我の原因の90%を作成した、T先輩に向けて放射されているのかも知れない。








Y.Kaneko ♀ マッスルかねこ  (主務)


 練習中のことである。受けをとっている練習相手が起き上がる前から既に、手を出して相手を誘っている。そんな彼女をいつしか人は「マッスルかねこ」とよびはじめた…根性にはひと一倍の自信を持つ彼女はパワフルに人生を謳歌する大阪人である。








Y.Katayama ♂或いは♀ 歩くジェンダーパニック  (副将)

(注)ジェンダー…性別・性差のこと。


 そもそも、男らしさとは何なのか。或いは女らしさとは何なのか。彼の存在そのものが、彼と接する人すべてにこの問いを突きつけてくるのである。男女の境界線の消滅について語られる昨今、彼の存在は21世紀に向けて、文化人類学的にも心理学的にも社会学的にも、大変興味深い研究対象となるに違いない。(注)飲み会において、酔った彼の潤んだ瞳と目を合わせてはいけません。接着されます。








E.Kitagawa ♀ 全身軟骨人間  (保健・記録)


 彼女に関節技はきかないと言ううわさが流れ、やがて「全身軟骨」と言うものが現れた。しかし、彼女も「肘極め」には弱いらしい。合気道技の「気持ちよさ」を追求する彼女にとって、「合気道は『ほぐし』」がモットーである。








M.Koizumi ♀ 小ネタ師匠  (副将・主務)


 宴会芸の無限のレパートリーを持ち、ついに「師匠」と崇められるにいたった彼女の裏の顔は、強靭な体力を誇り、各種のスポーツをこなす、スポ根人間である。鍛え上げられた筋肉によって繰り出される彼女の合気道技は濃く激しいが、生来の笑い顔ゆえにその演武は「ほのぼの演武」と呼ばれ、大変奥の深いものになっている。








A.Kokunai ♀ 猛犬注意(主務)


 飲み会を、健康かつ文化的に過ごしたい人は、彼女に近づいてはいけない。アルコールによって指数関数的にテンションを増大させつづける彼女に必ず、奈落の底に沈没させられるはずである。ぽわーんとした喋りにカモフラージュされているが、彼女は心身ともに実にたくましく生きている。地球が滅びた後に生き残るのは、きっとゴキブリと彼女に違いない。








K.Nakata ♂ 歩く自制心  (主将)


 彼の肉体は、骨と皮と自制心のみで形成されているに違いない。体脂肪率0%ではないかとおもわれる体で、捨て身とも思える激しい受けをとる彼は、テーピングとエアサロ大量消費者である。しかしながら彼は、自らの受けたダメージをまったく外に出さない。どんなにダメージを受けても、顔の筋肉を微動だにさせず、そそくさと保健袋の前に消えていくのである。まさに自制心の権化であろう。日頃道場内において、独特の低い声でその存在感をアピールしている彼が、美しい裏声で歌うカラオケの「もののけ姫」は絶品である。








A.Tanouchi ♀ ねこぢるの化身或いは花の咲いたサボテン(会計)


 故ねこぢる作「ねこ神さま」を読んだ人にとって、彼女はもはや「ねこ神2号」以外の何者にも見えないのではないだろうか。彼女の演武を見ても、ねこが合気道をしているように見え、思わず微笑してしまう。しかし、その愛くるしい外見とは裏腹に、ねこぢる作品を思春期以来愛読書とする彼女の内面世界は計り知れない。








A.Yamamoto ♀ クールな常識人?  (主務)


 合気道部きっての、クールな常識人である彼女は、とかく非常識に走りがちな同回生達に冷水をあびせかける消火器である。しかし、酔うと(たまに素でも)陽気に暴力性を発揮し暴走することがあり注意が必要である。(注)人はよく彼女と上記のA.Tさんを混同します。しかし、似ているのは身長の低さだけであって、2人のパーソナリティーはかなり違います。簡単な見分け方としては、彼女らのどちらかと会話してみてください。喋る速度が遅いほうがTさんです。


Back